[ English | 日本語 ]

SWRC Fit の土壌水分特性モデル

SWRC Fit (ウェブインターフェイスオフラインバージョン) では、6つの土壌水分特性モデルが使われている。6個のモデルの中で、BC, VG, LN, FX の4個は間隙径が単峰性分布をすると仮定する単峰性分布モデルであり、DB, BLの2個は間隙径が二峰性分布をすると仮定する二峰性分布モデルである。

モデル

モデル文献パラメータ
BCBrooks and Corey (1964)\(S_e = \begin{cases}\left(\dfrac{h}{h_b}\right)^{-\lambda} & (h>h_b) \\ 1 & (h \le h_b)\end{cases}\)θs, θr, hb, λ
VGvan Genuchten (1980)\(S_e = \biggl[\dfrac{1}{1+(\alpha h)^n}\biggr]^m\) (m=1-1/n)θs, θr, α, n
LNKosugi (1996)\(S_e = Q \biggl[\dfrac{\ln(h/h_m)}{\sigma}\biggr]\)θs, θr, hm, σ
FXFredlund and Xing (1994)\(S_e = C(h)\biggl[ \dfrac{1}{\ln \left[e+(h / a)^n \right]} \biggr]^m\)θs, θr, a, m, n
DBDurner (1994)\(S_e = w_1\biggl[\dfrac{1}{1+(\alpha_1 h)^{n_1}}\biggr]^{m_1} + (1-w_1)\biggl[\dfrac{1}{1+(\alpha_2 h)^{n_2}}\biggr]^{m_2}\)
(mi=1-1/ni)
θs, θr, w1, α1, n1, α2, n2
BLSeki (2007)\(S_e = w_1 Q \biggl[\dfrac{\ln(h/h_{m_1})}{\sigma_1}\biggr] + (1-w_1) Q \biggl[\dfrac{\ln(h/h_{m_2})}{\sigma_2}\biggr]\)θs, θr, w1, hm1, σ1, hm2, σ2

文献


このページのPURLは http://purl.org/net/swrc/model-ja.html です。 (PURLとは?)

著者: 関 勝寿

counter